印刷
親カテゴリ: 八幡山かわら版
カテゴリ: 2019年八幡山ブログ京都祇園祭

今年の祇園祭巡行は、晴れてくれましたが、宵山の間に何度か降られましたので、宵山飾りの懸装品が沢山の水分を含みました。

町内のお宅をお借りして、一月ほど干していたところ、充分に乾燥出来たので収蔵庫に戻しました。

この前懸けは、昭和32年作と書かれて居ます。54年前ですね。

当時の役員さんのお名前もハッキリと。

このうち、8割くらいのお家の息子さんやお孫さんが、今も携わって居られます。

現在の我々は、このよう貴重な文化財を粛々と継承してゆかなくては。(萬)

 

参照数: 149