今年の祇園祭は大変寂しい事になりますが、八幡山では恒例の神事だけは例年通り執り行います。

7月13日の「清祓いの儀」を控えて、町会所4ヶ所の注連縄を新しくしました。

北山の農家に依頼してあった「注連縄」が4本届きました。3間が1本、2間が2本、3尺が1本です。

 予め、奉書を切って「御弊」を16本作ってあります。

 

お正月に懸けた注連縄を外して、同じ位置に御弊を取り付けてゆきます。

 

綺麗に懸け変わりました。

表玄関

 

収蔵庫

お社

 

土蔵

 

4カ所の注連縄が綺麗になりました。

それから、清い祓いの儀の神前飾りに必要な諸々の神具を収蔵庫から出して準備しました。

今年はコロナの影響で、お町内の皆さんのお参りは控えて頂いて、役員だけが参列となり寂しい事ですが

来年は、2年分くらい賑やかなお祭りにしたいものです。(萬)