印刷
親カテゴリ: 八幡山かわら版
カテゴリ: 2021年八幡山ブログ京都祇園祭

今日は祇園祭の「前祭」(さきまつり)

しかし、今年も山鉾は動きません。

二十三基の山鉾の代表が「お榊」を携えて、四条通りを徒歩で巡行して、御旅所まで行き

疫病退散を祈願しました。

午後からはもう、山鉾は解体に掛かります。

 

さて、前祭が終わると我々後祭の登場です。

 

八幡山では、十八日の「吉符入りの儀」に備えて、お社、土蔵、収蔵庫、玄関の注連縄を全て新しくしました。

明日は、町内の人達が揃って神前に詣でて、今年のお祭についての打ち合わせを行います。

巡行こそ無いとは言え、2年ぶりにお山を出して懸装品の展示も出来るので、町内の皆さん張り切っています。

しかし、しかし、しかし残念ながらこんな時期なので室内の展示一般公開は出来ません。

通りに出した「お山」は、お好きなだけ見て頂けますし、当HPでも御紹介させて頂きます。(萬)

 

 

参照数: 223